LPB相互設計・認証ワーキンググループ


従来のLSI、パッケージ、ボード(以下LPB)個々の最適化ではセット全体の最適化を実現することが難しくなり、コスト・開発期間の国際競争の激化に対応しきれなくなってきています。LPB個々の専門の技術者が専用の環境で腕を振るえるような設計のやり方の変革が求められています。LPBがうまく連携 できる仕組みが必要です。この声を受けて2010年、JEITA LPB相互設計 ワーキンググループが発足しました。LPB相互設計 ワーキンググループでは2010年以来、設計・解析のセットアップ情報や結果を共有する為の標準規格を策してきました(過去の活動はこちらをご覧ください)。LSI・パッケージ・ボード(LPB)相互設計規格IEC 63055/IEEE 2401-2015は、その成果です。私共は、この標準規格をLPBフォーマットと呼んでいます。このLPBフォーマットは機能拡張され2019年にはIEEE 2401-2019として標準化されており、現在IECとのデュアルロゴ化を目指しています。

LPB相互設計・認証ワーキンググループは2019年度から、LPBフォーマットの普及と認証を進めることをミッションに組織化され2020年度にはフォーマットの機能拡張活動や教育の仕組み作りも始めました。普及活動としては、フォーラム/展示会の企画・発表やユーザとの情報交換の場としてのLPBフォーラムの運営また、広く情報発信するための広報活動(メルマガ等)を行っています。

format_chain_s

 

主な活動内容

LPBフォーマットの普及活動

広くLPBフォーマットの普及や活用を広めるため
・LPBフォーラム/展示会の企画運営や発表
・会員の設計環境支援
-ユースケースの共有
-デザインキットの配布
-部品ライブラリの整備のための部品メーカーへのフォーマット採用アプローチ
-フォーマット採用メーカーがフォーマットを作成するための教育プログラム作成
の活動を行っています。

広報活動

活動結果の発表やユーザとの情報交換の場として LPBフォーラム、デベロッパーズワークショップ、イベント展示(JEVeC DAY等)の企画・運営やメルマガの発行を行っています。LPBフォーラムでの発表内容は、随時HPで公開しています。

LPB認証活動

標準フォーマットは解釈の仕方によってはEDA間や部品データの取り込みに際し、相互にデータ変換ができない場面が出てしまいます。そこでワーキンググループ活動としてフォーマットが相互に読み込みができるよう正しく記述されているかについて、認証する仕組みを検討します。それらはユースケースに合わせ、教育プログラムを提供しています。現時点ではCFormatの提供は出来ていますが、これからGFormatの教育プログラムを準備予定です。

また、教育・認証活動だけでなく、MBDや新たな熱モデル等の要求に対応するため、LPBフォーマットの機能拡張内容についてディスカッションを始めています。

2020年度活動方針

  • 現在4社の部品ベンダー様への採用を頂いていますが、引き続き他の部品ベンダー様への促進を進めていきます。
  • 認証手段について、まずは教育プログラムにより、作成手順を統一化することを目指し、教育資料の準備や広報を使用した情報発信を行っていきます。
  • 2024年に向けてLPBフォーマットVer4について機能拡張の検討を開始します。