JEITA LPB標準フォーマット 活用のメリット


LPB標準フォーマットを使った構想設計環境

 

 

共通規格ができると全体での情報伝達が容易になり、早い段階で全体設計 構想を練ることができることが期待できます。また設計後の解析もLPBの統合解 析が可能となり全体を包含した結果を出せます。解析結果は全体構想設計の 中で吟味し、LPBのどの部分に設計変更のフィードバックをすべきか適切に判断 します。これにより全体最適を促進します。(上図ご参照)

LPB効果可視化

 

設計期間の観点でみても短期化が期待できます。従来は製品企画後すぐに LPBが別々に個別設計を始めるので情報の流通は限定的で、詳細設計を試行 しながらの摺合せを行う為に設計期間が長くなります。最適化もLPB個別になり がちです。LPB共通規格を使い情報の流通を行うことにより、LPB各技術者が 同じ土台(言葉)で課題を認識することができ、初期の上位構想の段階での調 整に時間を割くようになります。これにより仕様がはっきりしてからの設計となるの で個別設計の期間を短縮でき、設計品質を高められるので設計のやり直し回数 を削減する効果もあります。設計やシミュレーションの入力情報の収集やセットアッ プの時間も短縮でき、全体として開発期間が短縮できます。また全体解析が容易 になり十分な検証を行うことによってセットになった時の動作品質を向上させセット 段階での調整やり直しの期間を短縮できるので市場投入を早めることが期待出 来ます。(上図ご参考) また、次の製品開発に対する設計環境の流用性も高まります。

 

サプライチェーン・バリューチェーンにおけるLPBの情報流通

 

LPB標準フォーマットによってサプライチェーン・バリューチェーンにおける情報の流通がスムースになります。 LPB標準フォーマットは何処で誰がどのような情報を提供するべきかを明確にします。 LPBの設計者は、競争力のある製品を開発するためには十分な検討が行えるように情報(設計パラメータや制約など)を取得する必要があります。 サプライヤーは設計の元になる情報を提供し、LPB設計者はその必要な情報を共有し、EDAベンダは設計ソリューションを提供する協力関係が求められます。

 

シミュレーション時間の削減

 

LPBはシミュレーション時間を短縮します。 シミュレーション時間とは準備段階の情報収集やセットアップ、そして計算実行時間の合計です。 これまでシミュレーション時間を短縮するには計算時間を短縮することに注力されてきました。 計算時間の短縮にはEDAツールの改良やコンピュータの処理能力の改良で行われます。 しかしながら実際にはシミュレーション時間の内訳は準備段階のほうが計算時間よりも長くかかっているのが現状です。 この準備段階に費やす時間を短縮するのがLPBの役割となります。 情報を交換する書式を同一にし、必要な情報をリストにすることで情報収集時間とセットアップにかかる時間は飛躍的に短縮します。 情報を交換するしくみがあれば更なる短縮が可能です。例えば、コミュニティーの形成やe-コマースの活用、クラウドなどデータベースの整備等があります。 LPBフォーラムはこの目的で設立されています。